楽天でんわ 申し込んでみた (No11)

 (まずはじめに、私は楽天の社員でも回し者でもありません)

 本日、楽天が2013年12月に開始したサービス 楽天でんわ「3分間までの通話が何度でも0円」という新プランの受付を開始しました(残念ながら無料プランは無くなりました)。これだけを見ると LINE の無料通話でいいのでは? という事になりますが、楽天でんわ は 090 や 080等 で始まる音声通話網を利用する通話サービスとなっており、通話のしくみ自体は ドコモ、au、ソフトバンク などの通常の電話と変わりないものとなっています。ですので、LINE などの無料通話と比較すると比較的品質の高い通話が可能と思われます。




 この新プランは申し込み先着5万名まで、2015年1月10日までの期間限定となっています。新プランというよりは利用者拡大の為のキャンペーンですよね、どう見ても。ただ、今までに無い大掛かりなキャンペーンなので私も申し込みをしてみました。

~~~~~

 まずメリットとして

・通常の音声通話と同等の通話品質(遅延が少ない)

・自分の普段の電話番号で利用出来る

・ダイヤルした相手に こちらの普段の電話番号がきちんと通知される

・基本料は無料

~~~~~

 デメリットは(注意点など)

・ダイヤル(発信)する際は専用アプリの利用 もしくは電話番号のアタマに付加番号(0037-68)が必要

3分を超える通話について、以降は30秒20円(税別)と高額な通話料が課せられる

・限定期間が終わると同時に強制的に通常プラン 30秒10円(税別 基本料無料)に変更される。が、忘れずに解約すれば問題無し

・元々 無料通話が出来る相手(家族間通話、ホワイトプラン等)に ”楽天でんわアプリ” でダイヤルすると逆に有料になってしまう。但し、アプリの設定で回避出来る様です

・申し込みはクレジットカードが必要

・格安sim などの音声通話サービスが付帯しないデータ通信のみプランでは契約不可

~~~~~

 私がこのプランに興味を持ったのは「音声通話網で無料通話(3分)を実現出来る」という点で、私自身 過去にこの様なサービス形態は見聞きした事は有りません。この”音声通話網”というのが肝心な部分でして、これは普段利用するLINEなどのデータ通信を利用した通話とは大きく異なるところであり、通話品質についてはまだまだ優位差はあります。特に音声の遅延については明らかな差があります。

画像
私が利用している通話アプリは4種類になりました


 価格面についても 今年から大手3社が始めた新料金プラン「通話し放題2700円」に十分に対抗出来る内容かとは思います。実際に3ヶ月使ってみて、継続するかしないか見極めたいと思います。

(終わり)

"楽天でんわ 申し込んでみた (No11)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント