早いですがスキーネタを(No6)

 今は、残暑感がまだ残る9月後半。スキーネタを書くにはまだ時期尚早であるが、本日(2014/9/27) ショッキングな出来事が起きた。御嶽山(3067m)の噴火です。

画像
スキー場へ向かう車内より撮影(2014/1/12)


 長野と岐阜の県境にそびえ立つ御嶽山、大阪在住の私にとって普段の生活環境では直接影響は無いのですが、冬になると御嶽山に有る「開田高原マイアスキー場」に仕事仲間と年に1~2度訪れます。このスキー場は北御岳の継子岳(ままこだけ:上の写真右側)に位置するスキー場であり、今回噴火した場所が私自身はっきりと判っていませんが、御岳本峰の剣ヶ峰(同写真左側)からは少し離れた位置にあります。スキー場に影響があるのか無いのか気になります。



 継子岳の頂上は標高2859m、ゲレンデの最上部は標高2120m。実際にゲレンデの最上部に立つと、頂上はスグそこにあるような迫力でそびえ立っており、もし私が実際に噴火の瞬間に遭遇するとなると非常に恐ろしい出来事であると痛感します。

画像
ゲレンデ中腹。この先に更に上部ゲレンデが続きます


 マイアスキー場の東、御嶽山の北に位置するスキー場「チャオ御岳スノーリゾート」の今日のライブ映像がすごい事になってました。これを見るとスキー場のシーズン営業が出来るのかどうか非常に心配です。

画像
9/27 チャオ御岳スノーリゾートの 「今日のゲレンデ」写真


(終わり)


~追伸(2014/10/1)~
 本日時点で、47名の死亡が確認されました。戦後最悪の事態となる様です。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック